宮崎で廃車処分をお考えなら買取り業者へ|ガレージT

廃車処分に必要な書類・手続きの流れ

車に乗る機会がほとんどなくなり、廃車処分を検討されている方はいらっしゃるでしょうか。また、20万キロ30万キロ走っているから廃車処分になるだろうと考えている方もいらっしゃるかと思います。今まで大切に乗って来た愛車でも、所有していると税金や保険でお金がかかりますし、スペースも必要になります。廃車処分には、どのような手続きが必要なのでしょうか?

廃車手続きは3種類ある

廃車手続きは3種類ある

廃車手続きには、一時的に自動車の使用を中止する「一時抹消登録」、一時抹消登録した車を解体した時に行う「解体届出」、既に解体済みの自動車や災害などによって使用不能となった自動車に行う「永久抹消登録」の3種類があります。

「一時抹消登録」と「永久抹消登録」は業者に依頼する場合、所有者の印鑑証明書や委任状、車検証、ナンバープレート2枚が基本的に必要です。印鑑証明書は発行日から3ヶ月以内、委任状に関しては押印があるものと定められています。

「車を解体する際、解体業者の手に渡った廃車は使える部品は再利用され、鉄やアルミなどの素材はリサイクルされます。そのため、ディーラーや車屋では廃車に費用が掛かる場合がありますが、解体業者や廃車買取業者に持ち込めば、買取してくれます。

自分で行う場合はどうする?

一時抹消登録の場合は、基本的な書類に加え、手数料納付書と一時抹消登録申請書が必要です。さらに、解体届出の場合は、手数料納付書と永久抹消登録申請書が加わります。

永久抹消登録の場合は、基本的な書類に加え、リサイクル券に記載されている移動報告番号と解体処理が終了した連絡を受けた解体報告記録日を記載した日のメモ書き、手数料納付書、永久抹消登録申請書が必要です。廃車手続きは全て、運輸局(陸運局)で行います。必要な書類は、陸運局の用紙販売所で揃える事ができます。

廃車や解体ではなく海外へ輸出するという道

廃車や解体ではなく海外へ輸出するという道

車を廃車にする場合、ほとんどは解体業者に引き渡して車はパーツごとバラバラになりスクラップにする事になります。しかし今まで大切に乗ってきた思い出の詰まった車です。手を加えれば走れる車は海外でまた新たなオーナーを見付けて走り続けてくれる事でしょう。

宮崎県で日本車の中古車を正規ルートで海外に輸出しているガレージTでは、たとえ車検切れになっている車や事故歴がある廃車寸前の車でも買取り致します。廃車する前に、一度お車の状態を確認いたします。他の買取業者で査定額が0円だったという方や下取りを拒否された方でも、廃車手続きをする前に、お問い合わせください。


宮崎で中古車買取り・中古車査定なら【ガレージT】概要

会社名 株式会社GARAGE-T (ガレージティー)
所在地 〒889-2163 宮崎県宮崎市青島西2丁目11-6
電話番号 0985-73-9963
FAX 0985-74-5373
メールアドレス mail@garagetcar.com
URL http://garagetcar.com
業務内容 中古車買取り・中古車査定(WEB査定)・注文販売・オークション代行・海外輸出など
説明 宮崎で車買取り・車査定なら【ガレージT】にお任せください。廃車処分の前に、どんな車でも高価買取りを行う当社でお見積りください。中古車買取り業者の査定・下取り価格に納得がいかない方や、車検切れ・故障車の処分をお考えの方もまずはご相談を。WEB査定を無料で行っておりますので、こちらからご送信ください。
日本
都道府県 宮崎県
市区町村 宮崎市