#002 川越章吾

このエントリーをはてなブックマークに追加

好きな車に乗ろう!
愛車遍歴を辿ればその人の人生が見えてくる

青島にある車屋には見えないけど
車屋の店長トミーと
車屋だけど車には詳しくない藍が
お客様やゲストの愛車遍歴を辿る。
GARAGE-Tでは車を売るだけでなく
車と共にあるその人のライフスタイルを大切にしています

 

 

#002 川越章吾

2021年5月22日

川越章吾氏(章吾くん)

車とは「男のロマン」である

1985年生まれ。宮崎県出身。青島在住。
中学1年生頃からサーフィンをはじめ、プロサーファーに。
ホームポイントのパブリックを軸に宮崎はもちろん、世界の波をmake。
ふたりの怪獣brothersと奥さんと、青島でsurfin’ lifeを満喫している。

 

 

 

川越章吾さんの愛車遍歴

2021年現在所有中:トヨタハイラックス

  • 2004年19歳 日産プレーリー

  • 2006年21歳 日産ホーミー

  • 2010年25歳 マツダプロシード

  • 2021年36歳 トヨタハイラックス

※川越章吾さん(章吾くん)の愛車遍歴の一部抜粋になります。
合間にちょこちょこ乗っていた車は

  • 三菱パジェロ
  • スズキジムニー
  • トヨタハリアー などなど

お父さんやご兄弟も大の車好きで、実家の駐車場に停まっている車が全車4WDになっていた事も!濃いなぁ~

 

2004年19歳 日産プレーリー

え・・・日産プレーリー??
一言目に、そして1台目にして、この車種が分からない私。
(先にお断りすればよかったのですが、私車屋ですが車種とか章吾くんより詳しくないかもしれません、その時はグーグル先生に頼ります)

当時まだミニバンというジャンルがなかった頃に発売された日産車。
私が珍しいと思ったのがスライドドア!
このプレーリーをフルスモークにして
ウーファー乗っけて音楽ガンガンで海行って
スピードに乗ったエアーをかましていたのでしょう。

 

2006年21歳 日産ホーミー

え・・・日産ホーミー??
危ない危ないまた分からんトコやった。
キャラバンホーミーと言われてようやくピンときました。
もはや大きさ的にバスです。
大きな車体に広い室内。
余裕で車中泊できちゃいます。
サンルーフを開けて太陽いっぱいあびて気持ち良くドライブ。
サーフボードがいっぱい積めるからすごく便利だったーと
どこからどこまでもサーファーな章吾くん。
綺麗に張ってくる波にドンピシャでリッピングしていたのでしょう。

 

2010年25歳 マツダプロシード

川越章吾と言えば!の代表となっていたピックアップトラック。
主な市場が海外となるため、生産車のほとんどが輸出されており、日本での登録は非常に少ない希少車。

パブリックのガタガタ道も砂もぬかるみも
全部超えてく圧倒的な強さのある4WD。
サーフボードを積むにもってこいの荷台。
おーっと怪獣brothersさ、この頃まだ赤ちゃん怪獣だね!!かわいー!
お気に入りのプロシードピックアップで宮崎中のサーフポイントに行って、
キレッキレのカットバックをしていたのでしょう。

 

~そして2012年27歳章吾くん、結婚し家族をもちます~

 

2021年36歳 トヨタハイラックス

グレード:Z
型  式:3DF-GUN125
カラー :スーパーホワイトⅡ<040>

ハイラックスを選んだ理由は、一目惚れ。
4ドアのダブルキャブタイプだったので、
これなら家族も乗れる!!
かっこいいなぁと憧れていた。

2017年に8代目 GUN125型の日本仕様が発表された時から
ハイラックスの存在は頭の中にあった。
章吾くんのスマホには、3年前にスクショしたハイラックスが保存されていた。
それもやっぱりその時から好きだったのは白のハイラックス!

 

章吾くんが選んだハイラックスはGUN125型マイナーチェンジ後のモデル。
フロントフェイスを台形大型グリルに変更
日本仕様専用のバンパーガードガーニッシュが追加。
ヘッドライト&フォグがBi-Beam LED化でかなり明るい。これならナイトドライブも不安はない!

 

ディーゼルエンジンやサスペンションの改良があり、マイナーチェンジで車の乗り心地は格段にup!
アイドリングストップシステムが搭載され燃費も向上。

個人的に真っ先に目に飛び込んできたのは、車体番号の位置!
よくあるのはボンネットの中とか、運転席の下とかだけど、
ハイラックスはね、リアタイヤハウスの右前輪後方のフレームに刻印されてて。
車を見てひさびさ心持ってかれたわ~。

ファンの心を掴むHILUXのロゴが、前後ライトの中や、マッドガードや
ナビやらに散りばめられていてテンションあがる~!

【電動格納ステップ】オプション
ドアの開閉に連動してステップが自動で展開・格納するサイドステップ。
怪獣brothersや奥さまの乗り降りをスマートにエスコート。

 

この車で行きたい所は、
海・山・川・アウトドア・サーフィン!
ハイラックスと行くことで、今までより、

より楽しくなる!!
サーフィンやキャンプの雰囲気・景色にマッチする遊び心いっぱいの車。
他車にはないハイラックスオリジナルのスタイルを家族みんなで楽しんでもらいたい。
きっとまたゴリゴリのチューブをメイクしていくのでしょう。
今度は怪獣brothersも一緒だね。

kaijyu_brothers

最大500kg積載okのデッキに、
それいる?みたいなやつまで何でも積んで持って行こうと思ってる。
そしてこのデッキは、ベットにもなるそう!

 

【ハイラックス HILUX の由来】
英語の「Hi」(高級な、より優れた)と「Luxury」(ラグジュアリー、贅沢な、豪華な)を組み合わせた造語。
直訳で「高級感のある」トラック。

そんなハイラックスを新しい家族に迎え、
どこに行こう何しようワクワクドキドキと、男のロマンを全部乗せて
これからも、頼れる相棒とのsurfing lifeを楽しみ尽くしてください!

 

family

怪獣brothersの目に映る新しい景色や経験が
遊び心いっぱいのハイラックスと共にあってくれますように。

 

いろんなタイプの車があるけど、便利で快適なファミリーカーよりも、もうここがひとつの遊び場のような車。
男のロマンでしかない(あ章吾くんごめん いや、ホントいい車だよ笑)
ハイラックスを選ぶ章吾くんを理解尊重し、好きな車に乗りなって言ってくれるAKをリスペクト!
素敵な大好きな家族
キャンプ行くぞーーー

 

納車の翌日に家族で遊びに行ったのが

ohdotsu beach

日南市大堂津

雨続きの梅雨空の中、バッチリ晴れてました!目の前が海で木に囲まれて、最高!

 

ガソリン車やハイブリッドにPHV車など、車の燃料の選択肢が広がった令和3年。
あえてのディーゼル車っていいよね。

でも一昔前のガラガラゴトゴト音のするディーゼルと、このハイラックスの心臓の直列4気筒2.4Lのディーゼルターボエンジンは全然違います。
パワフルな動力性はそのままに、エンジンの直上に搭載されたコンパクトな水冷式インタークーラーの採用によって、運転状況に応じた吸気冷却効果を発揮するクリーンなディーゼルエンジン!

心地よいドロドロしたエンジン音、ずっと聞いていたい。
メンテナンスしっかりして、長く乗りたいとのご希望。

30年後の2051年66歳
章吾くんハイラックス、乗ってるかな。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です