#004 山崎康彦

このエントリーをはてなブックマークに追加

好きな車に乗ろう!
愛車遍歴を辿ればその人の人生が見えてくる

青島にある車屋には見えないけど
車屋の店長トミーと
車屋だけど車には詳しくない藍が
お客様やゲストの愛車遍歴を辿る。
GARAGE-Tでは車を売るだけでなく
車と共にあるその人のライフスタイルを大切にしています

 

 

#004 山崎康彦

2021年6月24日

山崎康彦氏(山崎さん)

車とは「移動手段」である

1954年 愛知県出身。青島在住。
定年まで愛知県内の高校の国語の先生として勤め上げる。
日本文学 国文学系の文系人。
その文才で小説『独居老人つれづれ』を執筆。
とにかく多趣味で、好きな事がたくさん。ひとつひとつをとことんつきつめていく。

 

 

 

山崎康彦さんの愛車遍歴

2021年現在所有中:メルセデスベンツ GLK350

  • 1974年20歳 10年間 バイク

  • 1984年30歳 スバル 車種名不明

  • 1986年32歳 トヨタ ハイエース

  • 1990年36歳 トヨタ ハイエース

  • 1995年41歳 トヨタ ハイエース

  • 2001年47歳 トヨタ ランドクルーザー70

  • 2003年49歳 トヨタ ハイエース

  • 2007年53歳 トヨタ ハイエース

  • 2010年56歳  スズキ ジムニー

  • 2014年60歳 メルセデスベンツ SLK

  • 2014年60歳 スズキ エブリィランディ

  • 2015年61歳 ダイハツ コペン

  • 2018年64歳 メルセデスベンツ SLK230

  • 2020年66歳 メルセデスベンツ GLK350

※山崎康彦さん(山崎さん)の愛車遍歴の一部抜粋になります。

 

1974年20歳 10年間 バイク乗り

30歳で免許を取得するまでの10年間はバイクに乗っていた。
全教科の中で国語が一番嫌いだったから、国語の先生になった。
当時は教員採用試験がとてもシビアで、12人に1人の倍率で試験に受かり、教員になる。
愛知県内の高校で国語教師をしていて、学校に通勤するのにバイクを使用していたため、
男子生徒たちがはじめて間近で見た山崎先生のバイクにやたらと憧れてしまい
バイク通勤をやめるようにと、校長室に呼ばれたことも。
やめなかったけどね。
山崎さん、結構やんちゃな先生だったんじゃないかな。

 

1986年32歳 トヨタ ハイエース

その頃の趣味はハングライダーが主だった為、
飛行に使用する大きな機体を積むためのとにかく大きな車が必要だった。
ハイエースはかれこれ5台乗り継いだ。
好きだったのはハイエースバンLH178 シロとアオのⅡトンカラー。
どのハイエースもかなり走ったよ、ディーゼルエンジンはやっぱ強いよね。

HANG RIDER

 

2001年47歳 トヨタ ランドクルーザー70

高校の同級生が車屋をしていて、タイミングで乗り換えてみた。
でもスキー場に行く時にタイヤに雪が詰まってツルツル滑ってしまう。
4WDなのデザートタイヤだった為、往生してしまい雪山に入れない。
2年程ランクル70に乗って、やっぱりまたハイエースに戻っちゃった。

 

2010年56歳  スズキ ジムニー

ハングライダーに行かなくなったので、乗りたかったジムニーに乗り換え。
なんでそんなちっこい車にするんだ!?なんて友だちに言われながらも、
キャリア・フォグランプ・バックタイヤハードカバー付きのジムニーに。

後席外し+助手席も外して、東北と北海道を巡る旅に出る。
青森に行きたかったのは、青森県五所川原市にある小説家太宰治の生家
太宰治記念館 「斜陽館」に行きたかったから!

車中泊していたので、窓が手動なのがよかったよ。
最後はエンジンの焼き付けを起こして壊れちゃって、飛行機で家まで帰ったなぁ。
ジムニーは車中泊しながら愛知から北上の旅をした、思い出の1台。

■俺はね、旅に出る時はエアコンの除湿つけっぱなしで行くのよ!

 

~2台持ち期間~
山崎さんは車を2台持ちしている期間が6年程あった。
車とは「移動手段」である
と仰ったように、基本的には車というのは移動手段だ。
ボロボロでもいい、動けばなんでもいい!そう言いながらも
オープンカーが好きで、乗りたい車に乗りたいという思いもあり、
普段の移動手段としての車と
好きな車を分けて2台持ちしていた。

ツ―シーターのオープンカーは走りは最高に気持ちいいが、荷物はほとんど入らない。
明らかにユーティリティよりもスポーツカーとしての機能を優先している車。
道具を使う多趣味な山崎さんには2台持ちがベストな選択肢であった。

 

 

~2台持ち期間~ in 愛知

2014年60歳 メルセデスベンツ SLK (オープンカー)

2014年60歳 スズキ エブリィランディ (移動手段)

ジムニーが壊れてからしばらく自転車で生活していたのだが、趣味のゴルフに行くにはやはり車が必要で
ワンボックスのエブリィランディを購入。
乗れれば何でもいいという気持ちで買ったが、案外しっくりきていた。
釣りやゴルフをするのに汚れも気にしなくていいし、ちょうどいいんだよね普段の移動用に。

休みの日にオープンにして楽しむためにメルセレスベンツ SLK(型式17045)ホワイトを所有していた。

 

~2台持ち期間~ in 沖縄

2015年61歳 ダイハツ コペン (オープンカー)

スズキ エブリィランディ (移動手段)

沖縄には移住する前から釣りが好きで何度も遊びに行っていた。
いざ引っ越ししようという時に、現地駐車場が高級車は駐車できませんとSLKは拒否されてしまった為手放す。
オープンが好きだから、SLKは諦めてダイハツコペンに乗り換え。

沖縄は首里城が見える那覇市の国際通りそばにある第一牧志公設市場の近くに住み
コバルトブルーの海が見える景色のドライブを、コペンをオープンにして楽しんでいた。

西3丁目に住んでいた時は、
久米島や慶良間諸島まで見渡せる眺めが最高のマンション。
マンションの10階から下を見下ろすと
魚が泳いでいるのが見える!
今日はいっぱいいるな~と確認して釣りに出掛けるという生活をしていた。

沖縄と愛知を2拠点にして行ったり来たりしていた。
■2拠点ともに、部屋のエアコンの除湿はつけっぱなし!

そんな最高な景色の沖縄だったけど、沖縄はとにかく雨が多い。
天気が悪く太陽が見えない。夏はスコール。冬は雨期。
これはダメだーと思って次の住処を見つける旅にでる。

 

~2台持ち期間~ in 宮崎

2018年64歳 メルセデスベンツ SLK230 (オープンカー)

スズキ エブリィランディ (移動手段)

弟がいつか宮崎に住みたいと言っていたのを思い出して
3週間程、車中泊をしながら大分から志布志まで宮崎を見て回った。
■もちろん、除湿はつけっぱなし

最初は串間や志布志に住んでもいいなぁと思っていたが、
ゴルフ場がないと困るという事で、青島が一番無難かな。
青島なら青島ゴルフもあるし、釣りのメッカでもある。
観光地に住む事に抵抗はないという事で青島に移住。

最初はコペンとエブリィランディを沖縄から宮崎まで船で持ってきた。
コペンは洗車機に入れたら雨漏りしてしまい、以前からカッコイイなぁと思っていたSLKに乗り換え。

AOSHIMA

グレード:SLK230 コンプレッサー
型  式:170449
ハンドル:ライト

OPEN CAR

この車をオープンにして休みの日に日南海岸線をドライブするのが本当に気持ちよかった。
カスタムしたヘッドライトやメルセデスのエンブレム・SLKのエンブレムが自慢だった。
何より山崎さんの好きな真っ白なホワイトカラーのオープンカー。

 

 

~しばらく車を2台持ち生活をしていたが、1台に統合できる車に出会う~

2020年66歳 メルセデスベンツ GLK350

2020/4/16 WITH MACCHO

グレード:GLK350 4マチック スポーツパッケージ
型  式:204988
ハンドル:レフト

山崎さんの全ての趣味をカバーする車。
移動手段であり、乗りたい車に乗りたい気持ちを叶えた1台。

エブリィになかった4WDになったのでスタックの心配もなくなり、
サンルーフがついているのでオープンの気持ちよさをカバー。
釣り竿も、ロングボードも、ゴルフバックも、なんでも乗せられる。
そして何より大事なのはホワイトカラーの車であること。

愛車遍歴#001でお話を伺ったマッチョさんと仲良しで、
そこにtommyも加わり、ゴルフのインストラクターである山崎さんに教えてもらいながら
青島でサーフィンやゴルフを一緒に楽しんでいる。

山崎さんの趣味まとめ

  1. ハングライダー
  2. スキー
  3. ゴルフ
  4. 釣り
  5. サーフィン
  6. 茶道
  7. 執筆活動
  8. 能の稽古
  9. TV・youtube鑑賞
  10. 温泉巡り
  11. うつわ・絵・書・能面の収集

これらの趣味をフルカバーできた車がGLKだった。
趣味につっこんだらいいのか、車につっこんだらいいのかもはや分からない。

 

山崎さんは愛知出身で、話の語尾に~じゃんね!がつく。
私aiも愛知のお隣の長野出身なので、~じゃんね!~じゃん!は無意識に使っていると思う。
愛知の方言じゃん・だら・りん・を久しぶりに聞いてなんだか懐かしい気持ちになった。
あぁ、味噌煮込みうどん食べたいなぁ~

 

山崎さんは多趣味で、でもひとつひとつをとにかく突き詰める。
メチャクチャ深堀りするタイプの方。
だから話を聞くととても面白い!ちょっと長いけど…笑。

最近購入したのは能面!すごいんだよ~いいんだよ~優しくてね~怖くてね~と熱弁がはじまる。
言葉が豊かだからか、説明が上手だからなのか、
まったく能面に興味のない私でも、なんだか見てみたくなる。
まず能の稽古がさぁ~って、能ってあの能ですよね?
こないだ長瀬がドラマでやってた、あの西田敏行の、あのクドカンの、アレ!
山崎さんも(も?)、能を舞う稽古をしているらしい。
腰を落とした、あの独特な”能”を少しだけ目の前で披露してくれたw

あとさぁ、ウチに飾ってある書でさぁ、山ってゆう漢字の象形文字がbrah brah brah brah~
書にまったく興味のない私でも、なんだか見てみたくなった。かも笑

 

山崎さんに愛車遍歴を伺いながら
車とは〇〇であるを聞いた時ちょっとビックリしてしまったのは、
こんなにイカツクて、目立つ、そして左ハンドルのベンツに乗っている人が、
車とは移動手段であるとサラッと仰ったこと。
小説の執筆をしていらっしゃるし、国語の先生だし、
なんだか難しい言葉とか、度肝を抜かれるような事仰るかな~なんて思ってた浅はかな自分。
シンプルイズベスト。

考えてみると山崎さんからは、
ベンツに乗りの優越感や、かっこいいでしょ!という気持ちが全然見えない。
ベンツがステイタスだとも思ってる感じがしない。
ハイブランドで高級車のイメージのあるメルセデスベンツだけど、そんなんで乗ってるんじゃない。

俺が乗りたいからベンツに乗っている。
俺が好きだからベンツに乗っている。

 

これから、日産エクストレイルに乗り換えを検討中。
GLKを購入した時は、これが最後の車だ!なんて思ってたんだけどね
ベンツで車中泊の旅ってゆうのもなんだかなぁ。

ちょうどいいディーゼルのエクストレイルにでも乗って
車中泊をしながらつれづれ
また東北や北海道に行きくなちゃった!
そうだね、北海道の漁港でバイトでもしながら、のんびりしたいなぁ。
以前に立ち寄った東北のあの温泉にもまた入りたくなっちゃって。
山口や島根に行くのもいいなぁ~。

また次の旅に出る。
部屋のエアコン除湿は、つけっぱなしで。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です